• 漢方内科
  • 糖尿病内科
  • 呼吸器内科
  • 循環器内科
  • 消化器内科
アクセスマップ

〒990-2323
山形県山形市桜田東2丁目10-37

略地図
詳しい地図はこちら
QRコード

漢方内科

  • 漢方の診察
  • 良くある質問Q&A
  • 漢方養生ライフのすすめ

ほとんどの漢方薬に健康保険の適用が可能です。まずは一度ご相談ください

漢方養生ライフのすすめ

Dr,WADAがすすめる

食事や生活スタイルを、今!見直しませんか?!
食養

体を作る=食べるという基本

季節の物(旬の物)を、住んでいる土地の物を味わう
夏であれば・・・ナスやキュウリで熱を取り、体を冷やす
冬であれば・・・長ネギやショウガで体を温める


  冷やすもの 中間 温めるもの
穀類 蕎麦、小麦 米、ゴマ、トウモロコシ もち米、コウジ
芋類   里芋、ジャガイモ、サツマイモ  
豆類 豆腐 大豆、小豆、落花生、エンドウ豆 ソラマメ
野菜類 タケノコ、トマト、ナス、
ほうれん草、キュウリ、レタス
白菜、キャベツ、きのこ類 玉葱、人参、ニラ、シソ、ネギ、
ショウガ、ニンニク
肉類 馬肉、牛乳 牛肉、豚肉、卵 羊肉、鶏肉、鹿肉
魚介類 カニ、カキ、ハマグリ イカ、ドジョウ、ハマグリ、コイ アジ、サバ、イワシ、エビ、
タイ、フグ
果実類 バナナ、マンゴー、梨、柿、スイカ ブドウ 桃、ザクロ、クルミ、栗、松の実
その他 白砂糖、緑茶 ハチミツ 黒砂糖、紅茶、山椒、
シナモン、唐辛子

養生

ちょっとした体の不調はため込んだ疲れや冷えが原因のことも。

冷えを寄せ付けない衣食住の工夫

冷え性は、体質はもちろんですが、毎日の生活習慣や仕事・人間関係のストレスなどの影響も大きく考えられます。
漢方医学では「養生」つまり日常生活における節制を大事にしています。
「衣・食・住」を見直してみませんか?

衣 過剰な冷暖房には重ね着で対応
冷暖房に合わせて脱ぎ気はまめに
下半身は常に暖かく
食 理想は規則正しく、バランスよい食事
難しい場合は、「朝の一口」に温かいものを口にする
その土地の旬のものを食べる。調理法を工夫する
住 冷暖房は控えめに
足元を暖かく
過剥な湿度も避ける
運動 家事や買い物を「楽しい運動のチャンス」と意識して、
いつもより筋肉を動かす「ながら体操」も無理なく運動を続けるひとつの手段です
このページのトップへもどる